〒272-0023 千葉県市川市南八幡3-4-8-202
 JR総武線本八幡駅南口徒歩約2分/都営新宿線本八幡駅徒歩約3分

診療時間
 9:30~13:00/15:00~20:00
休診日:金曜・日曜​・祝日

ご予約・お問合せはこちらへ

047-378-4611

従来のオフィスホワイトニングの問題点とは?

従来のホワイトニングの問題点

  • 白くならない
  • 痛む
  • しみる

日本のホワイトニングは、圧倒的に遅れている

日本のホワイトニングは、アメリカに比べ圧倒的に遅れています。 

日本では矯正治療やスマイルの価値が、文化的にまだまだ未熟です。日本では高価な治療費なら銀歯でガマン、その一方アメリカでは予防に努力し、歯並びも一生ものとの考え方です。 国民性というか市民のボトムから意識が違います。 脱色しにくいという日本人の歯の質も伴い、ホワイトニングも世代遅れ。 まるでガラパゴス状態です。

白くすると「しみる」
マイルドにすると「白くならない」

オフィスホワイトニングは高濃度の過酸化水素を使いますが、輸入マシンは外人仕様のため、日本人の華奢な歯牙には刺激が強すぎて、沁みる痛いことが多く、だから「ホワイトニングって沁みたり痛いんでしょ」のクチコミが浸透してしまいました。

一方、国産のマシンやシステムでは、沁みないようマイルドなのですが、その分パワーが弱く、もうひとつ(いや、ふたつ...)白くなりません。 実は、当院でも【クールブライトアルティメット】の導入前はこの問題に悩んでおりました。

 

 

「正直、もうひとつ白くならない...」

 

 

鎮痛剤を飲んでもらってでも、輸入マシンを導入して、満足する白さを追求しようか?

いや、白さより安全性でしょう。 安全第一、当然だよね。 ...でも感動は 今ひとつ。

処置時間を長くして頑張るか? 長い時間、診療台で固定されるのも、患者さんはとても疲れるし。 もっと白く、もっと安全なホワイトニングはないものか?   あぁ、スッキリしない~。

 

 

結局、日本の歯科界では、コツコツと患者さんセルフで行うホームホワイトニングだけが、国内の多くの歯科医院で提供されるに留まりました。 結果を出しにくい悩ましい処置は敬遠されるのです。 ここ数年は、有資格者のいない低価格のホワイトニングサロン(自分で処置するコンセプトのため医療法違反にならない)や、ネット販売の商品など、一般の皆さんの選択がなおさら難しくなっていることと思います。

奇跡のマシーンとの出会い
まったく、しみない痛くない、結果が出やすい!

そのような状況の中、平成27年 初春の日曜日。

出かけた勉強会で、私は見たことも聞いたこともないホワイトニングマシンに出会います。 登場したある演者が、

「まったく沁みない痛くない、結果が出る」

と言うのです! 

「はぁ? あり得ない?!ホントなのか?」

とばかりに講師の先生に図々しくも声をかけ、その入手先を御紹介いただきました。

実は、このマシンは大手メーカー製ではなく、あるベテラン技術者によるほぼ個人研究所(世田谷区&USA)の受注製品であったのです。 歯科の流通に全く乗っていない。 歯科の雑誌や学会報告にも全く載っていない。

そう、それはまるで、映画 ”Back to the Future" のデロリアンあの映画のスポーツカー「デロリアン」は、研究者ドクが製作した驚くべきタイムマシン!

それが本機クール・ブライトというホワイトニングマシンとそのシステムでした。 実際にその研究所に招いていただき、自ら体験をいたしました。 私自身、自分の歯の色はそんなに良い方ではなく、以前の国内システムでは結果が冴えませんでした。

と・こ・ろ・がっ! 今回はとんでもない白さを体感できたのです。 「白い…初めてだ…うれしい…」。 これはスゴイと直感し、結構高価なのですが、その瞬間にも導入を決めました。 30年近く歯科医をやってきて、こんなに機械を欲しいと思ったことはかつて無いほどの想いです。

 

なぜ、しみないのに、白くなるのか?

話を聞くと、沁みる痛いの原因は、使用する薬剤が高濃度の過酸化水素であるから。 3%以下では手指の消毒に使う過酸化水素水も、オフィス・ホワイトニングに使うものは高濃度であり、30~35%と実は劇薬指定なんです。

そんな高濃度を使わずに、十分な結果を出すフォトブリーチングの考え方は、他に聞いたことがありませんでした。 従来、白くするなら高濃度過酸化水素と酸化チタンと決まっており、これが絶対的な図式でした。

ところが本機は、患部を冷やしながら、超ハイパワーの青色光が、安全に漂白していくのです。 普通ハイパワーにしたら、LEDといえど発熱で熱くなってしまいます。 そこを冷やすから、もっともっとパワーを上げることができる。 そして危険な高濃度過酸化水素は使わない。 だから沁みない痛くない。 ここまでのマシンはNanoCare社以外は作れないし、低価格ホワイトニングでは導入は不可能。 実際、機械もシステムも量産のできない状況ですから、多店舗展開とか低料金とかはできないのです。

若い年齢ではホワイトニングは白く抜けやすいのですが、やや年齢を重ねると白く抜けるのが困難になります。 そういう歯でもしっかり対応できる機械とシステム。 もちろん沁みる痛いなどは論外です。 昭和50年代生まれの方は、なぜか、なおさら歯の色が濃く、白く抜けにくい方がとても多いと感じています。 低料金のホワイトニングではきっと歯が立たないのではないかと、今までの経験上、想像します。 もちろん平成生まれの若い歯は、もっともっとしっかり白くなってくれます。 処置時間が長くないという事は、背中やお尻も疲れないという事。

患者様が喜んでくださることが、何よりも嬉しい

院長の佐々川です

私は、そんな素晴らしいマシンとシステムに巡り合えて、とても幸せに感じています。

 

多少、処置料がお高くなりますが、確かに白くなり、確実に皆さまがにこやかに喜んでお帰りになるのを。 (以前の国内システムでは不安でした)

またオペレータの歯科衛生士は、処置後にこんなに喜んでいただける事に対し、それを誇りにいきいきと仕事をしています。

 

ささがわ歯科クリニック院長   佐々川 毅  

平成28年10月1日

 

 

 

ご予約・お問合せはこちら

お気軽にお問合せください

お電話でのご予約・お問合せはこちら

047-378-4611

受付時間: 9:30~13:00/15:00~20:00

(ホワイトニングは金曜除く平日午後6時半スタートまで)

休診日: 日祝祭日・金曜日

院長ごあいさつ

院長の佐々川です
  • 歯学博士
  • 市川市歯科医師会理事

どんなことでもお気軽にご相談ください。

診療時間

診療日
 
午前 × ×
午後 × ×
診療時間

午前 9:30~13:00
午後 15:00~20:00
△ 
14:30~18:00

(ホワイトニングは金曜除く平日午後6時半スタートまで)

休診日

金曜日・日曜日・祝日

ご予約・お問合せ
047-378-4611

アクセス

047-378-4611
住所

〒272-0023
千葉県市川市南八幡3-4-8-202

アクセス

JR総武線本八幡駅南口 徒歩約2分
都営新宿線本八幡駅 徒歩約3分

BiophotoLabo
研究所